海外FXソーシャルトレードとは?

海外FXのイコールアロケートと固定サイズコピーの違い

自分の資金力に合わせて取引できるシステム

海外FXのソーシャルトレードの中には、多くの利益を出している投資家と同じタイミングで同じような売買ができるコピートレードが人気となっています。コピートレードは、どの通貨ペアを売買するかという点をコピーするだけでなく、どのぐらいの資金で取引するかという点まで細かくコピーすることができます。ただし、資金力は投資家によって異なりますし、利益を多く出しているプロが一回の取引で数百万円を使ったからと言って、ほかの投資家が全て同じような資金力を持っているわけではありません。そのため、コピートレードを利用する際には、ほかの人のコピーをする際に、毎回一定資金を使って売買する固定サイズコピーと、証拠金の割合とコピー元の投資家と合わせるイコールアロケートとがラインナップされています。

初心者におすすめなのはイコールアロケート

イコールアロケートでは、コピー元の投資家が持っている証拠金に対してどのぐらいの割合でポジションを取ったのか、または手放したのかをシステムが計算し、それと同じ割合で売買をコピーするという取引方法です。残高の大小に左右されず取引できるという点が大きな安心感につながるので、初心者にとってはこのコピー方法がおすすめと言えるでしょう。例えば、2万ドルの資金を持つ投資家が2000ドルでポジションを取った場合、2000ドルの残高を持つ自分は同じアロケーション、つまり200ドルでポジションを取ることになります。

上級者には固定サイズコピー

一方、固定サイズコピーというのは、コピー元の投資家がどれだけの資金で取引した場合でも、自分は毎回同じ資金で取引をコピーするという方法です。取引チャンスやボリュームなどが一切考慮されないので、プロの取引を真似しながらも自分で考えて取引したい上級者におすすめの方法と言えます。イコールアロケートか固定サイズコピーかは、システム画面上でいつでも変更することができるので、どちらも使ってみて気に入ったほうをデフォルトに設定しておくというのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加